書名別・本のリスト



 
 
     
 
         


みもとけいこ
『愛したのは、「拙にして聖」なる者』
白石あゆ
『愛について』
藤本文昭
『真珠湾攻撃秘話 赤土の島』
朝日新聞高松支局編
『青い国は輝いているか』
宮内裕美
『あしもとの虹』
愛媛仏教と医療を考える会
『アショカの会』
図子英雄
『阿蘇夢幻』
池田澄子・坪内稔典 ほか
『あの句この句』
寺坂理恵
『雨を売る男』
岡崎直司
『歩キ目デスは見た!』
薦田伸夫
『ある日突然犯人に』
片山一行
『あるいは、透明な海へ』
川島由紀子
『阿波野青畝への旅』

top

杉山久子
『行かねばなるまい』
篠崎星歩
『一竿の竹』
犬伏武彦
『イギリス二万キロの旅』
坪内稔典・中之島5
『池田澄子百句』
藤井 満
『石鎚を守った男』
小暮照
『石鎚山気象遭難』
杉岡泰
『石の博物誌(1)』
木下博民
『板島橋』
三樹世津子
『一年ののち』
神山恭昭
『いつもの絵日記』
稲葉峯雄
『稲葉峯雄の遺したもの』
中林重祐
『命ってあったかい』
愛媛移植者の会編
『命の贈りもの』
命の贈りもの Part3 刊行委員会
『命の贈りもの Part3』
小松流蛍
『異聞日本悪女列伝』
陽山道子
『犬のいた日』
大成経凡
『今治発!地域史研究家 ケイボンがゆく』
大成経凡
『伊予が生んだ実業界の巨人 八木龜三郎』
矢野達雄
『伊予松山 裁判所ものがたり【明治編】』
日野郁子
『伊予路のかくれキリシタン』
田中弘道
『伊予 天徳寺 千四百年の歴史』
内田九州男
『伊予の近世史を考える』
玉井 葵
『伊予の狸話』
カタリナ大学・短期大学部開学記念論文編集員会 編
『癒し 地域包括ケア研究』
神山恭昭
『いろとりどりのテント』
宮本春樹
『イワシからのことづて』

top

神津陽
『兎の耳−もう一つの伊達騒動』
棹見拓史
『うすく笑う青空』
松田ちから
『歌を歌えば心がはずむ』
石川明憲
『うばめがし』
藤田亜未
『海鳴り』
図子英雄
『海をわたる月』
朝倉晴美
『宇宙の旅』
村口敏也
『ウリハッキョ』
田中貞輝
『宇和島藩領 高山浦幕末覚え書』
木下博民
『宇和島ふるさと交友録』

top

高木基裕・平田智法・平田しおり・田中親
『えひめ愛南お魚図鑑』
チームびやびや
『愛媛学を拓く』
今治明徳高等学校矢田分校平和学習実行委員会編
『愛媛の空襲』
憲法9条をまもる愛媛県民の会
『えひめ発 9条 『改正』 NO!』
山中利之
『えひめ丸事故・怒りと悲しみの狭間で』
藤野雅彦
『エピローグ』
島津豊幸
『絵馬と薫風』

top

だちょうのタマゴ。
『王成記』
『王成記(お元気ですか?)』
太田豪俊
『太田豪俊小説集』
木下博民
『岡本家の矜恃』
三浦和尚
『落穂を拾えば』
福田安典
『驚きのえひめ古典史』
玉井 葵
『お袖狸、汽車に乗る』
鬼貫を読む会 著/坪内稔典 編
『鬼貫百句』
光藤由美子
『おはなしの帽子』
未眞 蕣
『おぼろ月の足跡』
わたなべじゅんこ
『母屋のひさし』
夏井いつき
『折々のギャ句(グ)辞典』
ホビノ・サンミゲル
『オルテガ・イ・ガセットにおける人生論』
敷村良子
『女は野となれ山となれ』

top

徳田剛/二階堂裕子/魁生由美子
『外国人住民の「非集住地域」の地域特性と生活課題』
石川正一郎
『カウンセリング論入門』
北條正司
『化学と空想のはざまで』
坪内稔典/松本秀一
『赤黄男百句』
中尾卓司
『架け橋の向こうに』
棹見拓史
『かげろうの森で』
藤沢真理子
『風の祈り』
大早直美
『風のカナリヤ』
薮ノ内君代
『風のなぎさ』
森原直子
『風待草』
永和良之助
『悲しみをわかちあえますか』
小暮 照
『カナンの地』
平井辰夫
『平井辰夫随筆集 ガニ股』
武智義典
『CAFE WINDOW』
宮野駛郎
『鎌を研ぐ』
宮本春樹
『ニホンカワウソの記録』
立川涼
『環境化学と私』
柳 哲雄
『姜(カンハン)』

top

川口武久
『菊化石』
東玲治
『記者物語』
宮本春樹
『帰村 (改訂版)』
小松紀子
『昨日の雨』
北沢十一
『奇妙な仕事を終えた夕暮れに』
小松紀子
『キャベツの行方』
石丸 淳
『教育する心10の視座』
山本万喜雄
『共育はよろこび』
稲葉光洋
『教育へ』
山口憲一郎
『教育をどう変えるか』
白石成二
『教養としての日本史』
小西昭夫
『虚子百句』
鶴井啓司
『漁業再興と担い手育成』
東隆美
『キラリと』
大成経凡
『近世今治物語』
青木亮人
『近代俳句の諸相』
小暮照
『金の蛙』
小西昭夫
『金曜日の朝』

top

宮野駛郎
『杭を打つ』
種田山頭火
『草萌ゆる』
渡部ひとみ
『句集 水飲み場』
間宮周吉
『苦沙弥先生の生活』
工藤省治
『工藤省治陶磁器作品集』
岳野慶作
『グレゴリオ聖歌のこころ』
鈴木ひさし
『桑原武夫と「第二芸術」』

top

文:マオアキラ 絵:さかもとひろかず
『けいかいくいき ぶたまるさんがいく』
おおさわほてる
『気配』
大沢紘一
『現在愛媛の基礎知識論!』
馬場順子/キース・ケニー
『現代に息づく伝統としての四国遍路』

top

堀内統義
『恋する正岡子規』
小清水漸
『小清水漸−木の石の水の色−』
桜井良枝
『五歳の刻印』
山本万喜雄
『子育てはよろこび』
白石成二
『古代越智氏の研究』
松原弘宣
『古代四国の諸様相』
小西昭夫
『小西昭夫句集』
エドガー・カーン
『この世の中に役に立たない人はいない』
山本耕一路
『KOUICHIRO』
夏井いつき
『子供たちはいかにして俳句と出会ったか』

top

矢野達雄
『伊予松山 裁判所ものがたり【明治編】』
木村三千人
『さつまいも史話』
紀本直美
『さくさくさくらミルフィーユ』
大早直美
『さなぎたち』
片上雅仁
『サムライ起業家・小林信近』
泉 寔
『さらば青春』
三好正文
『猿丸大夫は実在した!!』
坪内稔典・東英幸 編
『山頭火百句』
高橋正治
『山頭火 人生即遍路』

top

わたなべじゅんこ
『junk_worda@』
木野内孔
『小説 塩成堀切』
二宮美日
『小説 武左衛門一揆 ちょんがりの唄がきこえる』
川九 洸/竹屋敷 康誠 編著
『逍遙遺稿』
石崎 翠
『潮 沫』
柳哲雄
『潮の満干と暮らしの歴史』
日向日和
『四月の彗星』
喜田重行
『子規交流』
田村憲治
『子規と古典文学』
復本一郎
『子規のいる風景』
復本一郎
『子規のいる街角』
泉 寔
『子規の文学 短歌と俳句』
坪内稔典・小西昭夫編
『子規百句』
藤島弘純編
『重信川の自然』
竹川郁雄
『四国遍路の現代』
菊地公子/八木泰子
『仕事って何?』
西山敬三
『自適農の無農薬栽培』
西山敬三
『自適農の地方移住論』
“映画館に行こう!”本制作委員会 編
『CINEMA,CINEMA,CINEMA』
堀内統義
『芝不器男』
谷さやん
『芝不器男への旅』
木下博民
『芝義太郎』
伊川茂樹・音羽まゆ
『自分という未来』
工藤省治
『陶磁 「飾」』
大本敬久
『触穢の成立』
矢野達雄
『庄屋抜地事件と無役地事件』
県立とべ動物園
『しろくまピース10年のおもいで』
藤本文昭
『真珠湾攻撃秘話 赤土の島』
山口憲一郎
『新説 社会的分業論』
愛媛大学法文学部・新潟大学人文学部
『人文学の現在(いま)』

top

ありか・さおり
『sweet junkie』
黒瀬長生
『随筆 ふるさと探訪』
久保斉/久保卓士
『スエルテ』
佐竹正郎
『過ぎし日は』
小西雅子
『雀食堂』
石村哲磨
『STUDY=流木』
堀内統義
『ずっと、ここに』
川島由紀子
『スモークツリー』

top

木下博民
『青年・松浦武四郎の四国遍路』
らふ亜沙弥
『世界一の妻』
杉岡泰
『瀬戸『石』海道』
山崎善啓
『瀬戸内近代海運草創史』
木村三千人
『瀬戸内風土記』
わたなべじゅんこ
『seventh_heaven@』
川名大
『戦争と俳句』
堀内統義
『戦争・詩・時代』

top

町立久万美術館
『造形思考の軌跡』
坪内稔典・あざ蓉子
『漱石・熊本百句』
坪内稔典・中居由美
『漱石・松山百句』
坪内稔典・三宅やよい
『漱石東京百句』
三好典彦
『漱石の病と『夢十夜』』
高橋満利子
『創作人形』
東 玲治
『続・記者物語』
柳 哲雄
『続・地球素描』
谷口義明
『続・天文学者の日々』
藤原寿則
『続・町医者のいろはカルテ』
夏井いつき
『それいけミーハー吟行隊』
谷 さやん
『空にねる』

top

坪内稔典
『大事に小事』
柳 哲雄
『退職老人日記』
ノリーン・ジョーンズ
『第二の故郷』
古川勝三
『台湾を愛した日本人』
山崎善啓
『太平洋戦争下の旅客輸送』
三宅やよい
『鷹女への旅』
田中貞輝
『高山浦幕末維新史話』
竹田美喜
『竹田美喜の万葉恋語り』
小松流蛍
『竹のさやぎを聞きながら』
白石香南子
『多重自己』
片山一行
『たとえば、海峡の向こう』
小西昭夫
『煙草吸うとき』
玉井建三
『玉川の文化史』
久保斉
『たるにゆ犀』
武田博雅
『だんだん』
泉 寔
『短歌と俳句』
宮本春樹
『段畑からのことづて』

top

水をきれいにする会編
『地域の水環境を見つめて』
柳哲雄
『地球素描』
『続・地球素描』
菊池邦求
『地方に生きる心意気』
柳哲雄
『潮汐・潮流の話』
山崎善啓
『朝敵 伊予松山藩始末』
二宮美日
『小説 武左衛門一揆 ちょんがりの唄がきこえる』
西川則孝・西川文抄子
『ちろりんだより』

top

木下博民
『通天閣』
深見史
『通訳の必要はありません』
稔典百句製作委員会
『坪内稔典百句』
スミダヒロミ
『つるさんはまるまるむし』

top

美須賀病院看護部
『「て・あーて」に学ぶ』
大角真代
『手紙』
せんばふみよ
『天上のしぶき』
神山恭昭
『電信柱と寂しい夜』
田中弘道
『伊予 天徳寺 千四百年の歴史』
谷口義明
『天文学者の日々』
『続・天文学者の日々』

top

大早直美
『遠い羽音 −風のカナリヤV−』
井上明久
『東京の子規』
工藤省治
『陶磁 「飾」』
みやこし さとし
『動物園のなにげない一日』
中谷仁美
『どすこい』
武田久子
『通り過ぎた風景』
武田博雅
『時々の意見・日本近現代史・民主主義』
東 玲治
『ドキュメント仙波敏郎』
斉間 満
『匿名報道の記録』
森原直子(詩)/柳澤順子(画)
『トマト伝説』
長谷川美和子
『と見こう見』
望月 宏・篠原友恵
『豊川渉思出之記』

top

中田友
『中田友 随筆集』
泉原猛
『永い遠足』
井上明久
『夏、ぼくらの巨人』
永和良之助
『なぜ高齢者福祉は腐食するのか』
犬伏武彦
『南海僻隅の痴蛙なれど』
堀内統義
『楠樹譚』
久保盛丸 著 神津陽 編
『南予史(南豫史)』
木下博民
『南豫明倫館』

top

松原弘宣
『熟田津と古代伊予国』
三木昇
『逃げ水』
玉井江吏香
『濁り江』
立川 涼
『21世紀に想う』
永和良之助
『虹の家に集う人々』
岡本亜蘇
『西の扉』
武田正浩
『日本改造論ノート』
宮本春樹
『ニホンカワウソの記録』
松原弘宣/水本邦彦
『日本史における情報伝達』
菅 紀子
『『日本少年』重見周吉の世界』
重見周吉/菅 紀子
『日本少年 −少年少女版−』
古川勝三
『日本人に知ってほしい「台湾の歴史」』
近藤俊文
『日本の腎臓病患者に夜明けを』
小野寺満
『日本文化史再考』

top

くぼえみ
『猫じゃらし』
内野聖子
『猫と薔薇』

top

吉兼健一 著/篠永正道 監修
『脳脊髄液減少症』

top

わたなべじゅんこ
『俳句の森の迷子かな』
泉原猛
『墓場の薔薇』
中居由美
『白鳥クラブ』
岡山健仁
『博物館モノ(資料)語り』
田中貞輝
『幕末宇和島万華鏡』
山崎善啓
『幕末・明治初期の海運事情』
紀本直美
『八月の終電』
大早直美
『鳩棲む街で』
森原直子
『花入れの条件』
松浦梅子・松浦友貴
『ハナ子ありがとう』
清野初美
『話があるの』
谷 さやン/野村 洋子/森本タルト/渡部州麻子/渡部ひとみ/石川さくら/
越智みかこ/堀田由美子
『花のいつき組』
小暮 照
『パナマ運河を渡る風』
川中一幸
『歯の抜けた仏さま』
木下博民
『はばかり人生』
宮本春樹
『はまゆう年代記』
坪内稔典
『早寝早起き』
西川則孝/西川文抄子
『晴れときどきちろりん』
斧 文雄
『パレルモの電飾斧』

top

太田正己
『日毎の春』
村口敏也
『否定された腎移植』
東日本大震災愛媛県内被災者連絡会
『人の痛み この震災を転換点に』
佐藤日和太
『ひなた』
兵頭信昭
『ビバ! お母ん』
霜村一郎
『日振島藤原純友財宝伝説の行方』
木下博民
『評伝 森岡天涯』
平井辰夫
『平井辰夫随筆集 ガニ股』
稲田博子
『HIROKO INADA』

top

柳哲雄
『風景の構造』
『風景の変遷−瀬戸内海−』
吉田淳治
『風景を拾う』
坪内稔典・谷さやん 編
『不器男百句』
大倉郁子
『ふくよかな手紙』
木野内孔
『武左衛門・起つ』
敷村良子
『ふだん冒険記』
堀内統義/神山恭昭
『浮游蕩蕩』
星 励
『古い鏡』
黒瀬長生
『随筆 ふるさと探訪』

top

小西昭夫
『ペリカンと駱駝』
早坂 暁
『へんろ曼荼羅』

top

乗松巌記念館エスパス21
『冒険する知性』
矢野達雄
『法と地域と歴史と』
和気一作
『放射線を浴びたX年後』
合田洋一
『葬られた驚愕の古代史』
ノリーン・ジョーンズ 著 北條正司/松吉明子/エバン・クームズ 訳
『北上して松前へ』
岡 清秀
『僕である』
武井知
『北斗は冴えて山河遥けし』
利田 潤
『僕はアスペルガー』
山口憲一郎
『ぼくを親孝行のできる子にしてください』
藤原敏隆
『保守王国の崩壊』
北原鉄也
『保守王国の政治』
愛媛県立とべ動物園
『Polar Bear PEACE 20』
玉井葵
『凡平「勇ましい高尚な生涯」』

top

深見史
『マイグラント・ラブ』
えひめ路上観察友の会編
『街角のホームズ』
村上栄子
『マーマレード』
竹田美喜
『竹田美喜の万葉恋語り』

top

衛藤夏子
『蜜柑の恋』
木村和也
『水の容(かたち)』
渡部ひとみ
『句集 水飲み場』
三好万美
『満ち潮』

吉村信男
『港町純情シネマ』
堀内統義
『耳のタラップ』
総合地球環境学研究所 編
『未来へつなぐ人と水』
三浦和尚/福田安典
『三輪田米山日記を読む』
沖野新一
『民具の魅力』
大本敬久
『民俗の知恵』

top

徳田留吉 著/太田由美子 編
『村の記憶』

top

山崎善啓
『明治の国軍創設と兵士の反乱・農民の暴動』
上田雅一
『名優井上正夫伝舞台大変』

top

甲斐芳子
『森からの通信』
『評伝 森岡天涯』
日吉 平
『森を造る』

top

大成経凡
『伊予が生んだ実業界の巨人 八木龜三郎』
いせきこたろう
『約149万人の 媛語読本』
ワーカーズコレクティブとも
『やさしい時間』
木下博民
『八つ鹿踊りと牛鬼』
小西雅子
『屋根にのぼる』
山本純子
『山ガール』
須藤自由児
『山鳥坂ダムと中予分水を考える』
木下博民
『八幡神万華鏡』

top

川岡勉・島津豊幸
『湯築城と伊予の中世』
伊藤由紀子
『ゆきこのつぶやき』
堀内統義
『喩の島の懸崖』
山本耕一路
『夢の鴉』
ゆらの
『由良野の森』

top

ふけとしこ
『ヨットと横顔』
堀内統義
『夜の舟』

top

河野けいこ
『ランナー −Runner−』

top

神津 陽
『流行歌の精神史』
平井辰夫
『龍山人の石鎚山麓昔話』

top

エビッチョ!
『ルリーナと風のお話』

top

愛媛大学「資料学」研究会
『歴史と文学の資料を読む』
愛媛大学「資料学」研究会
『歴史の資料を読む』
得松ショージ
『錬夢術遊戯』

top

余田 実
『ローカルTVニュースの夜明け』
H.R.バーン=著/藤本文昭=訳
『63年目の攻撃目標』
中原幸子
『ローマの釘』

top

得松ショージ
『猥々シネマ快館』
『猥々シネマ快館2』
『猥々シネマ快館3』
流水龍也/菊池修
『若草幼稚園物語』
神山恭昭
『わしの新聞』
『わしの研究』
松原弘宣
『私と古代史研究』
赤石忍
『私にとっての石川くん』
戒田節子/青木のりあき
『ワニ夫のなみだ』
日吉 平
『わらべ詩(うた)』
井上明久
『我ら聖なる天使の群れ』

top