ISBN4-915699-20-X 四六判・並製本・191頁 定価:1470円(税込) 

北原鉄也
保守王国の政治
―愛媛政治批評―

 自民党長期政権を支えてきたものでありながら、研究の上では「ブラック・ボックス」化している地方保守政治、その謎の世界を実証的に解明。愛媛「保守王国」の政治をケースにして、地方保守政治を、政治家に対するアンケート調査などを駆使し、地方で生活する研究者の視点を活かして分析する。

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-26-9 四六判・上製本・304頁 定価:2344円(税込) 

松原弘宣
熟田津と古代伊予国

 古代伊予国の歴史を明らかにすることは、単に伊予国だけの地域史の解明ではなく、畿内王権の瀬戸内海支配とそれにともなう全国支配の過程、特質を明らかにすることでもある。古くから論争がある熟田津の所在の謎も、単純な場所の問題に止めてはならないであろう。

 熟田津の所在の謎と共に古代伊予を探る。

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-30-7 四六判・上製本・225頁 定価:1528円(税込) 

犬伏武彦
南海僻隅(へきぐう) の痴蛙(ちあ)なれど

 明治という時代に、身分に縛られていた社会から解放されていく喜びを知り、時代の流れを自分のものにした男、浦和盛三郎。南宇和郡内海村網代より漁業界・県政財界で活躍した彼の生涯は、同時に網代村開拓の歴史でもあり、地方の自立が模索される現代に今も送り続けられるメッセージである。

   

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-28-5 四六判・並製本・270頁 定価:1528円(税込) 

永和良之助
虹の家に集う人々
―託老所の日々―

 緊急に求められる高齢者福祉の充実。しかし、それは私たちの意識の変革なしには実現しえない。本書は、松山の小さな託老所「虹の家」で痴呆や「寝たきり」のお年寄りの介護に努めてきた著者が、その体験をもとに著した、「安心して老いる」ことのできる社会を築くための提言である。高齢者問題を考える必読の書。

   日本図書館協会選定図書

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-33-1 四六判・上製本・255頁 定価:1528円(税込) 

川口武久
菊 化 石
―筋萎縮性側索硬化症との日々―

 『菊化石』は著者の体験から生まれた小説である。「小説」の形をとらねば語り切れなかった闘病の現実は苛酷で重い。が、同時にそこには小説ゆえに許される夢も託されている。その夢は人の世への信頼と生命の輝きに満ちている。

   

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-13-7 B6変形・上製本・198頁 定価:1365円(税込) 

島津豊幸
史論とエッセー
絵馬と薫風

 過去・現在をとおしての"地域"にこだわり統けてきた著者の、歴史理論としての〈地域社会史論〉を、その観点に至る"道行"をも含めて展望する、史論とエッセー集。1988年度文芸春秋ベストエッセーに選ばれた「絵馬と薫風(「征露凱旋紀念」絵馬の謎)」を収録。

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-35-8 四六判・上製本・237頁 定価:1732円(税込) 

上田雅一
名優 井上正夫伝
舞台大変

明治・大正・昭和にわたって演劇界を切り拓いた愛媛県(砥部町)出身の名優・井上正夫の生涯が、今、ようやく一冊の本となる― 同郷の人・上田雅一の熱い想いがここに結実した。貴重な写真を多数収録し、井上正夫のユニークな素顔に迫る。
巻末 井上正夫 演劇映画出演年譜付

   日本図書館協会選定図書

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-53-6 B6変形・並製本・114頁 定価:1121円(税込) 

久保 斉
たるにゆ犀

 歌を食み、自らの死を知る獣、たるにゆ犀「『たるにゆ犀』は久保氏らしい奇想と野趣にあふれた物語性の豊かな小説である。まことに豊饒でみずみずしい。(中略)詩を詠む傍ら、このように新鮮で不思議な魅力をたたえた秀作を遺した作家の夭折を、あらためて惜しまずにはいられない。」(図子英雄・あとがきより)

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-52-8 四六版・上製本・212頁 定価:1528円(税込) 

泉 寔
さらば青春

 閉校を目前にした砥部高校(現・県立南高校分校デザイン科)での新任教師時代の体験をもとに砥部高校への愛惜を込めて描かれた表題作「さらば青春」、一人の父をしての泉敬太郎(元新居浜市長)の生涯を綴った「泉敬太郎伝」を含む味わい深い作品集。

在庫数:
数量:
 ISBN4-915699-24-2 四六判・上製本・238頁 定価:1528円(税込) 

三樹世津子
一年ののち
―娘たちに語るガン闘病の日々―

 三人の娘たちのウェディング姿をこの目で見届けたい ―この夢かなえ― 
がんの転移で手術してから今日で満一年を迎えた。あっという間の一年、死の恐怖との闘い、家族や肉親、友人、知人から受けた大きな愛……言葉では言い尽くせない感謝の気持ちにあふれている。(中略) まだまだ闘いは続く。(本文より)

在庫数:
数量: